ナチュール編集長の「日本を元気にするテレビ」第3回 松鶴家千とせ

 

ホームページ
http://www.shokakuya.sakura.ne.jp/

松鶴家千とせのウィキペディアから一部抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E9%B6%B4%E5%AE%B6%E5%8D%83%E3%81%A8%E3%81%9B

1967年に千とせ流家元三代目松鶴家千とせを襲名。
浅草の松竹演芸場をホームグラウンドに、テレビなどで活躍した。
トレードマークのあごひげとアフロヘアーは、当時大流行した。
時代劇のネタのほか、本来はジャズ歌手志望だったこともあって、ジャジーなスキャットに、民謡や童謡などを融合させた独特の和風メルヘンの世界を築き、「わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ〜」のフレーズで、大人気になった。
1974年頃「ヘェヘェヘェ〜イ!、シャバダバダディ〜!、イェーイ!。俺が昔、夕焼けだった頃、弟は小焼けで、父さんは胸やけで、母さんは霜やけだった。」と、哀愁を込めて歌いかける『夕焼け小焼け』の替え歌の漫談で注目を浴びた。

東洋館、上野広小路亭、木馬亭などの寄席演芸のほか、美声を活かして歌手や司会者としても息の長い活動を続ける一方、1981年には、足立区を中心に「全国さつまいもの会」を結成し、東京都の足立区庁舎ホール、老人ホーム、福祉施設などで公演をしている。東京都の足立区社会福祉協議会に寄付をしていて、ボランティア活動にも精力的に取り組んでいる。

関連記事

生活便利アプリ地球TV



アースメディア 刊行物

ページ上部へ戻る